読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

小倉芝1800mの得意騎手ベスト10ー小倉大賞典(G3) 2017

 

小倉芝1800mの得意騎手ベスト10


 騎手    勝率   連対率 複勝
川田将雅  23.3% 39.7% 52.1%
浜中俊   17.2% 35.6% 43.7%
松山弘平    8.3% 16.5% 24.8%
藤岡康太  11.1% 22.2% 28.9%
⑤北村友     7.8% 19.1% 29.6%
和田竜二  12.2% 21.6% 25.7%
幸英明     6.9% 15.5% 24.1%
太宰啓介    8.3% 13.1% 15.5%
松若風馬  13.5% 17.3% 21.2%
高倉稜     7.8% 15.6% 22.1%
  
(2012・1・1~2017・2・13)

 

小倉大賞典(G3) 出走の小倉芝1800m勝率10%以上騎手


柴田大知 22.2%
浜中俊  17.2%
松若風馬 13.5%
(騎乗数は考慮していません)


小倉大賞典(G3) 出走の小倉芝1800m連対率20%以上騎手


浜中俊  35.6%
吉田隼人 22.4%
柴田大知 22.2%
(騎乗数は考慮していません)


小倉大賞典(G3) 出走の小倉芝1800m複勝率30%以上騎手


浜中俊  43.7%
田辺裕信 33.3%
柴田大知 33.3%
(騎乗数は考慮していません)

 

 

京都芝1400m(外)の得意騎手ベスト10ー京都牝馬ステークス(G3) 2017

 

京都芝1400mの得意騎手ベスト10


 騎手    勝率    連対率  複勝
浜中俊   19.1% 30.2% 34.9%
武豊    23.9% 39.1% 47.8%
和田竜二    9.8% 21.3% 36.1%
④C.ルメール 21.4% 28.6% 35.7%
松山弘平  10.2% 20.4% 24.5%
福永祐一  10.4% 18.8% 31.3%
秋山真一郎 11.9% 16.7% 26.2%
川田将雅    8.5% 19.2% 38.3%
池添謙一    6.1% 20.4% 30.6%
小牧太     7.5% 10.0% 17.5%
  
(2012・1・1~2017・2・13)

 

京都牝馬ステークス(G3) 出走の京都芝1400m勝率10%以上騎手


武豊    23.9%
C.ルメール 21.4%
浜中俊   19.1%
松山弘平  10.2%
(騎乗数は考慮していません)


京都牝馬ステークス(G3) 出走の京都芝1400m連対率20%以上騎手


武豊    39.1%
M.デムーロ 32.0%
浜中俊   30.2%
C.ルメール 28.6%
和田竜二  21.3%
池添謙一  20.4%
松山弘平  20.4%
(騎乗数は考慮していません)


京都牝馬ステークス(G3) 出走の京都芝1400m複勝率30%以上騎手


武豊    47.8%
M.デムーロ 40.0%
和田竜二  36.1%
C.ルメール 35.7%
浜中俊   34.9%
池添謙一  30.6%
(騎乗数は考慮していません)

 

 

 

 

【フェブラリーステークス 2017 データ】穴は前走重賞で負けて人気を落としているダートG1馬!

 

フェブラリーステークス(G1)を6番人気以下で連対した馬は5頭。


この5頭のうち4頭がダートG1馬です。


この4頭の前走は重賞レースで3、3、5、5着。


前走重賞で負けて人気を落としたダートG1馬が激走するのがパターンとなっています。


前走大敗ではなく、5着以内に負けたダートのGⅠ馬には注意しましょう。

 

 

【フェブラリーステークス 2017 データ】過去10年で6~8枠(12~16番)にはいった馬が7勝!

フェブラリーステークス(G1)の枠番別成績です。


フェブラリーステークスは外枠に連対馬が集中しており、過去10年で6~8枠(12~16番)にはいった馬が7勝を挙げています。


つまり、外枠からスムーズなレースをした馬が勝つことが多いようです。


2014年には16番人気のコパノリッキーが7枠13番の外枠から勝っています。


外枠の威力恐るべしです。

 


また、1、3、5枠は各1連対のみで率が低く、3~5枠は1着がなく2着どまりとなっています。


外枠の有力馬ないし、人気薄の馬にも注意をはらわなければなりませんね。

 

 

【フェブラリーステークス 2017 データ】前走G1は5着以内!GⅠ以外は3着以内!

 

フェブラリーステークス(G1)の連対馬16頭が前走3着以内、18頭が前走5着以内です。


前走G1なら5着以内、前走G1以外なら3着以内が目安となります。


前走10着以下は(0・0・1・24)で3着1頭のみ。


ダートのG1レースは前走惨敗馬が巻き返すのはまれです。


前走重賞好走馬を重視しましょう。