読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

競馬 重賞(G1) データ

【フェブラリーステークス 2017 データ】穴は前走重賞で負けて人気を落としているダートG1馬!

フェブラリーステークス(G1)を6番人気以下で連対した馬は5頭。 この5頭のうち4頭がダートG1馬です。 この4頭の前走は重賞レースで3、3、5、5着。 前走重賞で負けて人気を落としたダートG1馬が激走するのがパターンとなっています。 前走大敗ではなく、5着以…

【フェブラリーステークス 2017 データ】過去10年で6~8枠(12~16番)にはいった馬が7勝!

フェブラリーステークス(G1)の枠番別成績です。 フェブラリーステークスは外枠に連対馬が集中しており、過去10年で6~8枠(12~16番)にはいった馬が7勝を挙げています。 つまり、外枠からスムーズなレースをした馬が勝つことが多いようです。 2014年には16番…

【フェブラリーステークス 2017 データ】前走G1は5着以内!GⅠ以外は3着以内!

フェブラリーステークス(G1)の連対馬16頭が前走3着以内、18頭が前走5着以内です。 前走G1なら5着以内、前走G1以外なら3着以内が目安となります。 前走10着以下は(0・0・1・24)で3着1頭のみ。 ダートのG1レースは前走惨敗馬が巻き返すのはまれです。 前走重賞…

【フェブラリーステークス 2017 データ】チャンピオンズCとジャパンCダートの連対馬は1番人気なら買える!

フェブラリーステークス(G1)の前走レース別成績です。 前走川崎記念は3着以内で6番人気であれば(1・3・1・1)。 前走根岸Sは勝ち馬が4番人気以内であれば(1・1・1・2)。 前走東海Sは3着以内で5番人気以内であれば(2・1・0・1)。 チャンピオンズCとジャパンCダ…

【フェブラリーステークス 2017 データ】初ダートを除く4~5歳馬の1番人気は連対率100%!

フェブラリーステークス(G1)の1番人気は(4・1・2・3)で連対率50%。 4、5歳馬に限ると(3・1・0・1)、かつ初ダートでなければ(3・1・0・0)で連対率100%です。 6歳は(1・0・1・2)、7歳は(0・0・1・0)で高齢馬の1番人気は不振傾向にあります。 また、単勝3倍以上…

【有馬記念 2016 データ】中山芝2200m~2500mのG2レースで実績のある牡馬が穴馬!

有馬記念(G1)の年齢別の連対馬は、3歳(3・3・2・27)、4歳(4・4・2・28)、5歳(3・2・3・28)、6歳(0・0・1・18)、7歳以上(0・1・2・13)で、3~5歳馬が活躍しています。。 7歳以上でも1頭連対していますが、ここ5~6年は3着以内にも絡んでいないので、6歳以上は…

【有馬記念 2016 データ】4歳馬のジャパンカップ連対馬は連対率50%!

有馬記念(G1)の前走レース別成績です。 ジャパンカップ連対馬は(1・1・0・8)で、4歳馬に限定すると(1・1・0・2)で連対率50%。 4歳馬以外は(0・0・0・6)で連対なし。 ジャパンカップのような激レースのあと、1番人気を背負って連対できるような体力が残って…

【有馬記念 2016 データ】前走レースで連対している1番人気は連対率100%!

有馬記念(G1)の1番人気は(5・2・1・2)で、連対率70%。 前走勝ち馬なら(3・0・0・0)で、勝率100%とパーフェクトです。 前走2着馬も(2・1・0・0)で、連対率100%。 しかし、前走3着以下になると(0・1・1・2)で、連対率25%ともう信頼できません。 また、前走…

【中山大障害 2016 データ】単勝1倍台の断然人気馬は取りこぼしが多いので注意!

中山の名物障害重賞である中山大障害(G1)の1番人気は(2・2・2・4)で連対率40%。 単勝1倍台は(0・1・1・2)、2倍台は(2・0・0・1)、3倍台は(0・1・0・1)と断然人気で勝利した馬はいません。 逆にいうと、断然人気の馬は取りこぼしが多く、軸には不向きとなり…

【中山大障害 2016 データ】人気薄の前走障害オープン2~3着馬が穴!

中山大障害(G1)の前走レース別成績です。 イルミネーションJSで3着以内かつ5番人気以内なら(2・2・4・3)、4着以下は(0・0・1・35)で連対なし。 秋陽ジャンプSは2着以内で(1・1・0・2)、3着以下だと(0・0・0・10)です。 ほかには、平地の500万条件が(1・3・0…

【朝日杯FS 2016 データ】M・デムーロ騎手が最多の3勝!得意の阪神コースで要注意!

朝日杯FS(G1)の過去10年の連対騎手で最多を誇るのは3勝を挙げているM.デムーロ騎手です。 ほかに、ムーア騎手が1勝、ウイリアムズ騎手が1勝、ルメール騎手が2着1回、ベリー騎手が2着1回です。 3着まで拡げると、ペリエ騎手とスミヨン騎手が3着に1回ずつ入着…

【朝日杯FS 2016 データ】前走切れる脚を使って連対した差し追い込み馬に注目!

2013年まで中山1600mで行われていた朝日杯FS(G1)ですが、2014年より阪神1600mに変更されました。 中山1600mでは逃げ先行馬のからみもみられましたが、阪神1600mに変更された過去2年、あくまでも過去2年だけの結果ですが、追込みー追込み、追込み―差しで決着…

【朝日杯FS 2016 データ】前走レースは500万条件か重賞(G2・G3)が9割!

朝日杯FS(G1)の前走レースは、500万条件が4勝2着1回、重賞が5勝2着9回とこの2パターンがほとんどです。 去年、新馬から1着になったM・デムーロ騎乗のリオンディーズもおりますが…。 500万条件は、東京芝1400m~1600mを使った馬に注意。 重賞は、東スポ杯2歳S…

【朝日杯FS 2016 データ】前走重賞2着の1番人気馬は連対なし!

朝日杯FS(G1)の1番人気は(3・2・2・3)で連対率50%。 前走重賞勝ちの1番人気馬は(1・2・1・1)で3連対。 前走重賞2着の1番人気馬は(0・0・1・2)で連対なし。 負けた馬が背負う1番人気は重荷なのでしょうか…。 また、連対馬の人気は、15頭が5番人気以内と上位…

【阪神JF 2016 データ】前走ファンタジーS出走馬は3着以内が条件!

阪神JF(G1)の連対馬で、前走ファンタジーS出走馬は (1・3・3・40) で4連対。 ファンタジーSで3着以内は (1・3・3・16) 、ファンタジーSで4着以下だと (0・0・0・24) で3着以内なしです。 前走ファンタジーS出走馬で買える馬は、ファンタジーS3着以内で、当レ…

【阪神JF 2016 データ】過去10年1、2番人気の決着なし!近年は波乱傾向!

阪神JF(G1)の1番人気は (3・2・1・4) で連対率50%。 単勝2.5倍以下は (3・2・0・0) で連対率100%。 単勝2.9倍以上は (0・0・1・4) 3着どまりで連対なし。 混戦で単勝人気が割れてくると信頼できない1番人気となるようです。 過去10年の連対馬20頭のうち16…

【チャンピオンズカップ 2016 データ】過去10年の1~3着馬30頭のうち29頭が前走4着以内!

チャンピオンズカップ(G1)の過去10年の連対馬20頭のうち19頭が前走4着以内。 そのうち16頭が前走3着以内となっています。 前走4着の3頭のうち2頭にはダートG1で3着以内の実積あり。 前走9着から連対した残り1頭はカネヒキリでG14勝の実積ありです。 G1で実積…

【チャンピオンズカップ 2016 データ】中京ダート1800mでの1番人気は過信禁物!

チャンピオンズカップ(G1)は、東京ダート2100m、阪神ダート1800m、そして現在の中京ダート1800mと、この10年間コースが変更されています。 では、ダートNo1決定戦のG1レースとして、トータルの1番人気の成績はどのようになっているでしょうか。 この10年間1…

【チャンピオンズカップ 2016 データ】中京ダート1800mは中団より前につけられる馬を重視!

2014年にジャパンカップダートから名称変更され、コースも中京ダート1800mに変更されたチャンピオンズカップ(G1)は、実質2年間しか施行されていません。 この中京ダート1800mで行われた2年間の連対馬の脚質は、先行ー先行と差しー追い込みと極端な結果となっ…

【ジャパンカップ 2016 データ】日本馬×外国人騎手に注目!馬券検討には欠かせません!

ジャパンカップ(G1)において、日本馬×外国人騎手ほど頼りになる組み合わせはありません。 過去10年をサ~ッと見渡してもこんな感じで連対しています。 2007年 ポップロック×ペリエ(4番人気で2着)2008年 スクリーンヒーロー×M・デムーロ(9番人気で1着)2009年 …

【ジャパンカップ 2016 データ】外国馬は高速馬場に対応できるかがポイント!

ジャパンカップ(G1)に招待される外国馬は強いのか弱いのか…、非常に判断がむずかしくはありませんか。 ポイントになるのは外国馬が日本の高速馬場に対応できるかどうかなんです。 しかし、日本の特殊な高速馬場に対応できる外国馬はなかなかいないようです。…

【ジャパンカップ 2016 データ】差し追込み馬重視も東京G1実績のある先行馬にも注意!

ジャパンカップ(G1)では、差し追込み馬が活躍し、ここ10年、逃げ馬は3着以内に残れていません。 連対馬15頭が上がり3Fメンバー3位以内で、直線の長い東京では切れ味が問われるようです。 よって、末脚に威力がある東京芝2400mのG1実績馬は有力となります。 …

ジャパンカップ 2016 データ】過去10年の1番人気の複勝率は80%!

ジャパンカップ(G1)の1番人気の成績は (3・3・2・2) で、連対率60%、複勝率80%。 3連複の軸馬としてはかなり信頼できる1番人気となっています。 そして、以下の条件を付けくわえると複勝率はさらに上昇します。 1番人気で、前走天皇賞(秋)3着以内の馬なら …

【ジャパンカップ 2016 データ】上位人気馬中心も穴は6~9番人気!

ジャパンカップ(G1)の過去10年の1番人気は (3・3・2・2) で6連対しており、天皇賞(秋)組、ダービー馬なら堅実。 連対馬20頭は16頭が5番人気以内の上位人気馬が中心で、残る4頭は6、7、7、9番人気、10番人気以下は (0・0・2・76) で3着に2頭絡んでいるだけと…