読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

競馬 重賞(G2) データ

【京都記念 2017 データ】前走重賞連対の1番人気の牡馬は(2・3・0・1)で堅実!3着以下は過信禁物!

【1番人気の考察】京都記念(G2)過去10年の1番人気は(3・3・0・4)で連対率60%。 2013年以降、1番人気は3着にも絡んでおらず、かなりの不振です。 前走重賞で連対した1番人気の牡馬は(2・3・0・1)で堅実ですが、前走3着以下は(1・0・0・2)で過信禁物。 この3…

【東海S 2017 データ】前走ダートG1出走の5歳馬は複勝率100%!

東海S(G2)連対馬の前走レースは、ダートG1に出走した馬が(3・2・2・8)の5連対と活躍しています。 5歳馬に限定すると(2・0・2・0)で複勝率100%です。 また、G1の東京大賞典に出走した馬は(2・1・0・2)で3連対。 東京大賞典で4着以内にはいった馬には注目です…

【東海S 2017 データ】人気の追込み馬より堅実な先行馬が軸!

東海S(G2)過去4年の連対馬の脚質は、差しー先行、先行ー差し、先行ー追込み、先行ー逃げで決着しています。 まだ4年間のデータではありますが、いまのところ、必ず先行馬が連に絡んでいます。 これは、中京ダート1800mのコース形態によるもので、このコース…

【東海S 2017 データ】ダートG1で連対なしの1番人気馬は危険!

東海S(G2)の1番人気は、過去4年で(2・0・2・0)の連対率50%。 近走好走しているダートのG1馬なら(2・0・0・0)で信頼できるも、ダートG1で連対がない1番人気は(0・0・2・0)とともに3着で軸には不向き。 中京ダート1800mに変更後の過去4年の連対馬の人気は、4…

【AJCC 2017 データ】内枠と外枠は成績不振!真ん中の枠を狙え!

AJCC(G2)の枠順別の成績をみるとかなりの偏りがみられます。 1~2枠の内枠と7~8枠の外枠はそれぞれ1頭ずつしか連対していません。 5番人気以内では、1枠が(0・0・0・5)、2枠が(1・0・2・2)、7枠が(0・0・1・4)、8枠が(0・0・0・2)で2枠の1連対のみとかなり…

【AJCC 2017 データ】前走有馬記念出走の人気馬が活躍!

AJCC(G2)は有馬記念出走の人気馬の活躍が目立っています。 前走有馬記念なら(4・2・1・9)で6連対、1~2番人気なら(3・1・0・4)、有馬記念5着以内なら(2・1・0・2)です。 有馬記念組は前走着順、脚質に関係なく、人気になった馬には注目しましょう。 前走有馬…

【AJCC 2017 データ】穴は重賞実績のある6~9番人気の高齢馬を狙え!

AJCC(G2)で6番人気以下で連対した馬は5頭、3着以内にまで広げると10頭います。 この10頭のうち7頭は、6~8歳の高齢馬です。 冬場の厳寒期に4~5歳の有力馬はほとんど出走してきません。 よって、穴を埋めるように重賞実績のある高齢馬が激走するのがパターン…

【AJCC 2017 データ】1番人気より2番人気に注目!2番人気の連対率は60%!

AJCC(G2)の1番人気は(2・0・0・8)で連対率20%。 単勝1倍台は(2・0・0・1)、単勝2倍以上は(0・0・0・7)で3着以内もなく不振です。1番人気より堅実なのは2番人気です。 (4・2・2・2)で連対率60%と軸にできそうです。 連対馬の人気は、比較的堅そうではありま…

【日経新春杯 2017 データ】京都外回りで好走経験のある切れ味勝負の馬に注目!

日経新春杯(G2)は長距離戦で切れ味勝負になることが多く、勝ち馬10頭のうち7頭が上がり3ハロンがメンバー1~2位です。 よって、京都外回りで切れる脚を使って好走経験のある馬には注目しましょう。 また、逃げ馬は(2・0・0・8)で2連対、先行馬は4連対で、流…

【日経新春杯 2017 データ】54~56キロのハンデ馬が活躍!重ハンデ馬と軽量馬は不振!

日経新春杯(G2)はハンデ戦で施行されます。 斤量57キロ以上を背負った馬は(1・0・2・14)でわずか1連対のみ。 58.5キロのトゥザグローリーが1番人気で勝っただけで、57キロ以上の重ハンデは総じて不振です。 53キロ以下は(2・0・5・39)で2連対、軽量馬は3着ま…

【日経新春杯 2017 データ】穴は前走オープン以上で負けている軽量牝馬!

堅め傾向の日経新春杯(G2)ですが、10番人気以下の馬が3頭連対、3着以内には2頭はいっています。 この5頭のうち1頭は前走1000万勝ちの4歳牡馬で、残りの4頭は牝馬です。 この4頭の牝馬は前走オープン以上で6、8、16、18着に負けており、ハンデは49、50.52、5…

【日経新春杯 2017 データ】過去10年1番人気は連対率50%も1勝のみ!

日経新春杯(G2)の1番人気は(1・4・1・4)で連対率50%。 前走G13着以内なら(1・0・0・0)、4着以下なら(0・0・0・2)。 前走1600万条件勝ち馬は(0・3・0・1)で3連対、昇級戦でも通用しています。 しかし、過去10年で1番人気は1勝のみで、馬券の頭にはしずらいで…

【ホープフルステークス 2016 データ】先行馬が10連対と半数を占める活躍!

ホープフルステークス(G2)は、先行馬が10連対と半数を占める活躍をしています。 中山芝2000mは直線に急坂があるため、後方一気を決めるのはむずかしく、ある程度前につけてしぶとい足を使える馬でないと通用しません。 後方一気の末脚一辺倒ばかりの馬に気を…

【ホープフルステークス 2016 データ】ノーザンファーム生産馬の人気馬に注目!

ホープフルステークス(G2)の勝ち馬は、ノーザンファームと社台ファームの社台系生産馬で計9勝を挙げています。 トータルにみても(9・3・6・35)で、2着は3頭、3着は6頭とほぼ社台系生産馬の庭と化しています。 ノーザンファーム生産馬は3番人気以内では連対率…

【ホープフルステークス 2016 データ】人気薄の前走新馬戦の勝ち馬は外国人ジョッキー騎乗馬に要注意!

ホープフルステークス(G2)の前走レース別成績です。 前走、新馬戦の勝ち馬は7勝、1、2番人気で(3・0・1・4)、人気薄で4勝を挙げています。 人気薄の新馬戦の勝ち馬は外国人ジョッキー騎乗馬に要注意です。 葉牡丹賞は1、2番人気で(2・0・0・0)、5番人気以下…

【ホープフルステークス 2016 データ】関西馬は人気馬のみ!穴は関東馬から!

ホープフルステークス(G2)は2014年にオープン特別から重賞に昇格しました。 オープン特別を含めた過去10年の1番人気は(2・3・0・5)で連対率50%。 しかし、1番人気で前走芝2000mを勝った馬に限定すると(2・2・1・0)で連対率80%に跳ね上がります。 このタイ…

【阪神カップ 2016 データ】差し追い込みが活躍!決め手のある芝1400m巧者に注意!

阪神カップ(G2)での脚質は展開次第ですが、速くなると予想されれば差し馬を重視、ペースが緩やかになると予想されれば前に行ける馬を重視ということになります。 過去10年で逃げ馬は2連対、先行馬は5連対しており、近年は道中3~4番手につけた馬の連対が目に…

【阪神カップ 2016 データ】人気の3、4歳馬は軽視!7歳以上馬は出番なし!

阪神カップ(G2)の年齢別連対数は以下のようになっています。 3歳 (1・3・2・26)4歳 (2・2・4・27)5歳 (3・2・2・39)6歳 (3・3・1・35)7歳 (1・1・0・14)8歳以上 (0・0・0・6) 1、2番人気の3歳馬は(0・1・1・5)でほほ信頼できず、4歳馬は(0・0・1・5)でまった…

【阪神カップ 2016 データ】マイルCSで惨敗した馬は人気にかかわらず要注意!

阪神カップ(G2)の連対馬21頭のうち16頭に芝1400mでの連対、19頭に芝1600mでの連対実積あり。 そして、1~3着馬30頭のうち27頭に芝1600mでの連対実積があります。 阪神芝1400mはかなりタフなコースですから、ビッグアーサーのような強いスプリンターが出走し…

【阪神カップ 2016 データ】1400mの距離実積のない1番人気は危険!

阪神カップ(G2)の1番人気は(2・1・1・6)で連対率30%。 G2レースでレベルが高いわりには、6番人気以下の馬が9連対と波乱傾向が強いレースとなっています。 1番人気に求められるものは1400mの距離実積です。 日本馬で3歳以降に芝1400mの重賞3着以内かオープン…

【金鯱賞 2016 データ】過去4年すべて池江泰寿厩舎3着以内確保!

金鯱賞(G2)の過去4年間、必ず池江泰寿厩舎の管理馬が3着以内を確保しています。 2012年 オーシャンブルーが6番人気で1着2013年 ラブリーディが6番人気で2着2014年 サトノノブレスが4番人気で2着2015年 サトノノブレスが4番人気で3着 それも人気薄での3着内確…

【金鯱賞 2016 データ】G2勝ちの1番人気馬は連対率100%!

2012年から12月に移動した金鯱賞(G2)は、4年間のデータを参考にしています。 過去4年の1番人気の成績は、(1・1・0・2)と連対率50%です。 これをG2勝ちのある1番人気馬に限定すると (1・1・0・0)と連対率100%。 この2頭には、京都大賞典、札幌記念のG2勝ち…

【ステイヤーズS 2016 データ】前走アルゼンチン共和国杯で追い込んで届かずの馬は要注意!

ステイヤーズS(G2)は、前走アルゼンチン共和国杯から連対した馬が10頭。 そのうちの8頭がアルゼンチン共和国杯で4角10番手以下から追い込んで届かなかった馬です。 東京から中山へのコース代わりでの激走ということなのでしょうか、このような馬には要注意で…

【ステイヤーズS 2016 データ】過去3着以内好走馬がふたたび好走するレース!

ステイヤーズS(G2)は、一度好走したステイヤーが再び好走する傾向のあるレースです。 3着以内にトウカイトリックが4回、デスペラードが3回、ファタモルガーナが2回。 距離、コース実績を得意とした馬が狙いすまして出走してきますので、過去2年ぐらいで3着以…

【ステイヤーズS 2016 データ】外国人騎手騎乗の1番人気は勝率75%と信頼度抜群!

ステイヤーズS(G2)の1番人気は、(4・1・1・4)で連対率50%。 菊花賞で3着以内がある1番人気馬は (1・1・0・1)、3歳馬なら(1・1・0・0) と連対率100%。 最近出走自体ないようですが、前走菊花賞で好走した3歳馬は非常に堅実のようです。 また、外国人騎手が…