読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

【中山金杯 2017 データ】ハンデ戦でも比較的に斤量が増えた馬が活躍!

中山金杯(G3)の前走レース別成績です。 前走1000万、1600万の条件戦は、3番人気以内であれば(2・0・0・1)。 逆に、オープン特別のディセンバーS勝ち馬は(0・0・0・3)で3着以内なし。 ディセンバーS組は5着以下に負けて斤量が増えていない馬のほうに注意。 鳴…

【中山金杯 2017 データ】上位人気中心も人気薄の関西馬か中山重賞連対馬に注意!

中山金杯(G3)の過去10年の1番人気は、(2・1・3・4)で連対率30%。 前走重賞連対馬であれば(2・0・1・1)で勝率50%、斤量増を克服しての連対です。前走連対をはずした馬は(0・1・2・2)で1連対のみ。 重賞実績馬であっても、前走連対をはずした1番人気馬は疑っ…

【ターコイズステークス 2016 データ】トップハンデ馬は人気・斤量に関係なく消し?

ターコイズステークス(重賞)はハンデ戦です。 トップハンデの成績はどのようになっているのでしょうか。 過去10年を見てみると、トップハンデは(0・1・1・14)で1連対のみという結果になっています。 2006年に56キロのウイングレットが連対して以来、現在まで…

【ターコイズステークス 2016 データ】穴は1600万条件組の軽量馬とGⅠレース惨敗馬を狙え!

ターコイズステークス(重賞)の前走レースは、まず、目立つところで1600万条件が6勝2着3回で9連対しています。 特に、ユートピアS(1600万)5着以内が5番人気以内なら、(3・2・1・6)となります。 また、同じ1600万条件を惨敗した馬が軽量で巻き返すパターンも穴…

【ターコイズステークス 2016 データ】軸馬も穴馬も逃げ先行タイプを超重視!

ターコイズステークス(重賞)を連対した馬の脚質は、逃げ馬が3連対、先行馬が10連対と近年は道中3番手以内につけた馬が必ず連対しています。 6番人気以下で連対した馬も、逃げ2、先行5、差し0、追込み1で、前にいった馬が粘り込んで波乱というパターンが多い…

【ターコイズステークス 2016 データ】外枠にはいった1番人気は割引が必要!

ターコイズステークスが重賞に格上げする前のオープンを含む10年間が対象です。1番人気は(2・1・1・6)で連対率30%。 5頭が8着以下の惨敗ということで、1番人気はあまり信頼できないようです。しかし、枠順から考察するとおもしろいことがわかります。 1番人…

【カペラステークス 2016 データ】砂の重い中山ダートは500キロを超える大型馬が有利!

過去8年のカペラステークス(G3)で連対した馬は、16頭の内10頭が500キロを超える馬体重の大型馬です。 459キロ以下の小柄な馬は、2014年に12番人気で逃げ切った馬の1連対のみです。 そして、460キロ~479キロで連対した4頭のうち3頭は、前走オープン以上で連…

【カペラステークス 2016 データ】中山ダート1200mは外枠有利!カペラSは1枠有利?

中山ダート1200mは、スタート直後の芝を長く走れる外枠が有利と言われています。 しかし、カペラステークス(G3)においては、8枠は (1・1・1・13) で2、13番人気の馬の2連対のみとなっています。 それほど外枠が有利な状態にはなっていないようですね。 逆に…

【カペラステークス 2016 データ】前走1200m出走馬は人気でも過信禁物!

カペラステークス(G3)の前走距離別連対数は、1200m (0・3・2・55)、1400m (7・4・4・34)、1600m以上 (1・1・2・10) と前走1400m組が活躍しています。 前走1200mを使った馬は勝っておらず、5番人気以内では (0・1・1・16) で1連対のみという結果になっていま…

【カペラステークス 2016 データ】ダート1200mで速い持ちタイムがある馬に要注目!

カペラステークス(G3)は、過去8年のうち6年が1分10秒0をきる高速決着になっています。 ダート短距離巧者がそろい、ハイペースで高速決着になりやすく、スピードのない馬では通用しません。 ダート1200mで速い持ちタイムがある馬には要注目です。 また、脚質…

【カペラステークス 2016 データ】1~2番人気は不振!穴狙いに徹するべし!

カペラステークス(G3)の過去8年間の1番人気は、(0・1・0・7) で連対率12.5%、過去6年間連対なしです。 2番人気も (1・0・1・6) と1連対のみで、1~2番人気はかなりの不振ぶりです。 ちなみに、単勝2.6倍以上に1番人気は (0・0・0・6)。 4歳馬の1番人気は (0…

【チャレンジカップ 2016 データ】穴は54キロ・55キロを背負った差し追い込み馬!

チャレンジカップ(G3)では、逃げ馬や先行馬は1連対のみと全くの出番なし。 直線の長い阪神外回りでは、道中の流れが緩んでも差し追い込みがズバズバと決まっています。 過去4年の連対馬9頭のうち8頭が上がり3位以内という状況から、末脚に威力がある差し追い…

【チャレンジカップ 2016 データ】前走オープン特別勝ちの1番人気馬は不振!1600万条件組堅実!

チャレンジカップ(G3)が12月に移動した4年間の1番人気は、 (2・0・0・2)で連対率50%。 前走オープン特別勝ち馬は (0・0・0・2) で、3着にも絡まないほどの不振ぶりです。 逆に前走1600万条件勝ち馬は (1・0・0・0)。 12月に移動する前からこのタイプは堅実…

【京阪杯 2016 データ】6歳以上の高齢馬は人気でも割引!

京阪杯(G3)で連対した年齢別のデータです。 3歳 (3・2・2・26) 4歳 (3・4・1・28) 5歳 (3・4・3・33) 6歳 (1・0・4・30) 7歳以上 (0・0・0・24) 3歳~5歳馬が活躍しており、6歳馬は1連対のみです。 7歳以上になると3着すら絡んでいません。 6歳以上の高齢馬…

【京阪杯 2016 データ】軸は逃げ先行タイプ!前残り傾向強い!

京阪杯(G3)の過去10年の勝ち馬の3コーナーでの位置取りは3、2、5、15、2、4、1、2、1、4番手で、9頭が5番手以内につけています。 このように近年は前残り傾向が非常に強まっています。 直線の短い内回りというコース形態では、逃げ先行馬の粘り込みが多く、…

【京阪杯 2016 データ】穴でスワンS組と京洛S組に注意!

京阪杯(G3)の前走レース別の成績です。 前走京洛Sで3着以内であれば (2・2・3・12) 、4着以下だと (1・0・0・26) で、基本好走していることが条件です。 前走スワンS出走馬は、6~8着馬が (2・2・2・3) で複勝率66.7%、芝1200m重賞で実績がある馬の巻き返し…

【京阪杯 2016 データ】単勝2倍以上の1番人気は疑え!

京阪杯(G3)の1番人気の成績、 (2・2・0・6)で連対率40%。 そのうち、単勝1倍台は (2・1・0・0) で連対率100%です。 この馬はサンアディユとロードカナロアで、断然人気でこのレースを制しています。 また、単勝2倍以上は (0・1・0・6) で1連対のみとなって…

【ラジオNIKKEI杯京都2歳S 2016 データ】3番人気以内の決着なし!中穴狙いで!

ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)は、少頭数で2、3頭に人気が集中する傾向がありますが、3番人気以内の決着は意外にもありません。 直線の短い2,000mの京都内回りは紛れが多いコースだからなんでしょうか。 最近6年間のうち4年にわたって、人気薄馬が連対しており…

【ラジオNIKKEI杯京都2歳S 2016 データ】前走新馬戦出走馬は1番人気で複勝率100%!2番人気で大不振!

ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)の前走レース別の成績です。 前走新馬戦出走馬は1番人気で (3・1・2・0)が、2番人気では (0・0・0・4) と大不振。 前走未勝利戦出走馬も1番人気 で(1・1・0・0)が、2~4番人気だと (0・0・1・3)と連対なし。 前走萩S出走馬は7、9…

【ラジオNIKKEI杯京都2歳S 2016 データ】上がりの速さが問われるレースでも逃げ馬には要注意!

ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)は、前走上がり3位以内の馬が16連対しているように、上がりの速さが問われるレースです。 この16連対した馬の脚質は先行馬が7連対、差し追込み馬が9連対となっています。 なお、前走最速上がりで勝った馬が1番人気だと (4・1・1・…

【ラジオNIKKEI杯京都2歳S 2016 データ】単勝2倍以上の1番人気は未勝利!馬体重も重要!

ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)1番人気の成績は (4・2・3・1) で、連対率60%、複勝率90%。 単勝1.0~1.4倍は (1・0・0・0) 、1.5~1.9倍は (3・1・2・1)、2倍台は (0・1・1・0) 、2倍以上は未勝利です。 そして、2歳のレースということで馬体重を参考にしてみ…