読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

【京阪杯 2016 データ】軸は逃げ先行タイプ!前残り傾向強い!

スポンサーリンク

 

京阪杯(G3)の過去10年の勝ち馬の3コーナーでの位置取りは3、2、5、15、2、4、1、2、1、4番手で、9頭が5番手以内につけています。

 

このように近年は前残り傾向が非常に強まっています。

 

直線の短い内回りというコース形態では、逃げ先行馬の粘り込みが多く、人気薄の逃げ馬であっても前に行ける馬は要チェックです。

 

また、逃げ馬によってはハイペースになって、差し追込みが決まる場合もありです。