読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

【阪神JF 2016 データ】過去10年1、2番人気の決着なし!近年は波乱傾向!

競馬 重賞(G1) データ
スポンサーリンク

 

阪神JF(G1)の1番人気は (3・2・1・4) で連対率50%。


単勝2.5倍以下は (3・2・0・0) で連対率100%。


単勝2.9倍以上は (0・0・1・4) 3着どまりで連対なし。


混戦で単勝人気が割れてくると信頼できない1番人気となるようです。


過去10年の連対馬20頭のうち16頭が5番人気以内と上位人気よりの決着ですが、過去10年1、2番人気の決着はありません。


近5年においては、3年間で8番人気以下の人気薄馬が連対しており、波乱傾向が強まってきています。


波乱傾向の原因のひとつとして、重賞での連対がフロック視された馬が人気薄で激走するというパターンがあります。


過剰な騎手人気によって、馬の力を見落としている部分があるのでしょうか。