読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

【有馬記念 2016 データ】4番手以内の先行馬か追込み馬が勝つのがパターン!

スポンサーリンク

 

有馬記念(G1)の勝ち馬の脚質は、逃げ1、先行4、差し0、追込み5という内訳です。


道中4番手以内につけた先行馬か、後方から追い込んだ馬が勝つのがパターンとなっています。


近2年は、スローペースでレースがすすんだため、道中3番手につけた馬が優勝していますね。

 


この特殊なコース、中山芝2500mはコーナーを6つ回ることで、なかなかペースがあがりにくく、前に行ける馬が有利となってしまいます。


差し追込み馬も早めに上がっていかないと通用しにくいため、中山の長距離戦で実績のある馬がコース適正を味方に活躍しています。