読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

東京大賞典(G1)の連対馬は1~3番人気が9割!JRA所属馬での決着も9割!

スポンサーリンク

 

中央競馬地方競馬の所属馬が激突するダートのNO.1を決める年内最後のGIレース、東京大賞典(G1)が2016年12月29日(木) に大井競馬場にて開催されます。


出走頭数は14頭で、12月25日に枠順が発表されました。


JRA所属馬からは以下の7頭が出走します。


2枠02番  コパノリッキー(戸崎圭太)
3枠04番  モズライジン(田辺裕信)
4枠05番  ノンコノユメ(ルメール)
5枠08番  アウォーディー(武豊)
6枠09番  カゼノコ(川田将雅)
7枠11番 アポロケンタッキー(内田博幸)
8枠14番 サウンドトゥルー(大野拓弥)


出走馬のなかには、今月行われたチャンピオンズカップの1、2着馬、サウンドトゥルーアウォーディーもおり、今年も断然JRA所属馬が強思われますので、この7頭で決着するのではないでしょうか。

 


またこのレースは過去10年、1、2、3番人気での連対が9割を占めるという、非常に堅いレースとなっています。


対馬も9割がJRA所属馬という結果で、地方馬の連対はわずかに2頭のみです。


1~3着馬がすべてJRA所属馬で占められたのは、なんと過去10年中7回にも及びます。


ほとんどJRA所属馬に馬場を貸しているだけという悲惨な状況になっているわけでありますが…。


今年はJRA所属馬に一泡吹かせてくれる地方馬がはたして出現してくれるのでしょうか。

 

 

《過去10年間の1~3着馬の人気》

年度   1着   2着   3着
2015年 3番人気ー1番人気ー6番人気 (1~3着すべてJRA所属馬)
2014年 1番人気-2番人気ー8番人気 (3着馬は地方馬)
2013年 1番人気―2番人気―3番人気 (1~3着すべてJRA所属馬)
2012年 2番人気ー3番人気―1番人気 (1~3着すべてJRA所属馬)
2011年 1番人気ー3番人気ー4番人気 (1~3着すべてJRA所属馬)
2010年 1番人気ー2番人気―5番人気 (2着馬は地方馬)
2009年 2番人気ー1番人気ー7番人気 (1~3着すべてJRA所属馬)
2008年 2番人気ー1番人気ー3番人気 (1~3着すべてJRA所属馬)
2007年 1番人気ー2番人気ー4番人気 (2着馬は地方馬)
2006年 3番人気―9番人気―2番人気 (1~3着すべてJRA所属馬)