読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

【京都金杯 2017 データ】トップハンデ馬と牝馬と人気の関東馬は軽視!

スポンサーリンク

 

京都金杯(G3)の過去10年のトップハンデ馬は(1・2・1・13)で3連対のみ。


1番人気では(0・1・0・4)、2~5番人気では(1・0・1・3)、6番人気以下では(0・1・0・6)と人気馬でも人気薄馬でも不振の傾向にあります。


トップハンデ馬は軽視したほうがいいようです。


また、牝馬は1連対のみで、5番人気以内であっても(1・0・0・4)と出番なしの状況。
人気でも人気薄でも、牝馬もトップハンデ馬と同じく軽視しましょう。


そして、関西圏出走の関東馬ですが、3、7、3番人気の3頭が連対も、1~2番人気では(0・0・0・4)で3着以内なしとなっています。


人気の関西馬を重視し、穴馬も関西馬の牡馬に注意を払いましょう。