読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

【フェアリーS 2017 データ】10番人気以下の関東馬が大活躍!人気の関西馬は不振!

スポンサーリンク

 

フェアリーS(G3)の過去8年の1番人気は(3・0・1・4)で連対率37.5%。


前走阪神JF出走の1番人気馬は(2・0・0・0)で勝率100%。


前走500万条件出走の1番人気馬は(0・0・1・2)で過信禁物。


前走新馬戦出走の1番人気馬は(1・0・0・1)で微妙なところ。

 


2番人気は1連対、3番人気は2連対のみで3番人気以内の決着はなしです。


8年のうち6年で10番人気以下が連対しており、かなりの波乱傾向です。


これだけ荒れる原因のひとつとして、人気となる関西馬の不振が挙げられます。


関東馬(7・7・5・88)に対して、関西馬は(1・1・3・16)と2連対のみ。


5番人気以内の関西馬に限定すると(1・0・3・8)と悲惨な結果に…。


そして、10番人気で連対した馬はすべて関東馬ということですから、大穴は関東馬から選びましょう。