読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

【東海S 2017 データ】ダートG1で連対なしの1番人気馬は危険!

スポンサーリンク

 

東海S(G2)の1番人気は、過去4年で(2・0・2・0)の連対率50%。


近走好走しているダートのG1馬なら(2・0・0・0)で信頼できるも、ダートG1で連対がない1番人気は(0・0・2・0)とともに3着で軸には不向き。

 


中京ダート1800mに変更後の過去4年の連対馬の人気は、4ー8番人気、1-3番人気、1-9番人気、4-2番人気で決着。


4年のうち2年で人気薄馬が連対しており、荒れています。


この2頭の人気薄馬は7~8歳の高齢馬で、ダート重賞勝ちの実績があり、前走オープン以上のレースで好走しているという共通点があります。


このように、真冬の重賞らしく高齢馬が健闘していますのでご注意ください。