読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

【クイーンカップ 2017 データ】阪神JF5着以内の最先着馬は3番人気以内で複勝率100

スポンサーリンク

 

【1番人気の考察】

クイーンカップ(G3)過去10年の1番人気は(4・2・1・3)で連対率60%。


単勝1倍台は(2・0・0・2)で信頼するまでには値しませんが、前走阪神JF3着以内であれば(2・0・0・0)と堅実。


昨年は阪神JF勝ち馬のメジャーエンブレム単勝1.3倍に支持され、このレースを制しています。


また、関東馬(3・2・0・1)、関西馬(1・0・1・2)で関東馬が優勢です。


1番人気の関西馬は疑ってかかりましょう。

 

 

対馬の人気

過去10年の連対馬は17頭が5番人気以内で、残る3頭は7、8、10番人気。


上位人気馬が堅実であり、重賞実績のある馬が中心となります。

 


阪神JF5着以内の最先着馬

阪神JF5着以内の最先着馬は(4・1・1・1)、3番人気以内であれば(3・1・1・0)で複勝率100%。


阪神外回りと同じ直線の長い東京コースということで、阪神JFで好走した馬はおのずと結果が出せるようですね。


また、阪神JFに出走した関東馬は(3・4・2・9)、4番人気以内なら(3・3・2・0)で複勝率100%と大健闘。


逆に、関西馬は意外にも(0・0・1・4)で3着止まりです。


1番人気に支持されても、3、9着という結果に終わっています。


阪神JF組の関西馬は人気でも過信禁物です。

 

 

対馬の前走クラス別成績

前走新馬戦は(0・1・2・7)、未勝利戦は(0・1・0・24)で各1連対のみと不振。


500万条件連対馬は(3・2・0・13)、3着以下は(0・0・1・26)で3着まで。


オープン特別は、2011年以降連対なしと不振。


G3はフェアリーS(2・1・3・18)も、勝ち馬は(0・0・0・4)、勝ち馬以外の5着以内馬が活躍しています。


GⅠは阪神JF関東馬が5番人気以内なら(3・4・2・3)で複勝率75%、4番人気以内なら(3・3・2・0)で複勝率100%です。


近年は重賞で善戦した馬が活躍する傾向にあります。

 

 

穴馬
6番人気以下で3着以内にはいった7頭のうち6頭に芝1600mの経験があり、4頭に芝1600mの勝ち星ありです。


キャリア3戦以上で芝1600mの経験があり、前走負けて人気を落としている馬に注意。