読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想◎勝ち馬をデータからあぶりだせ!

中央競馬・重賞レースの気になるデータをピックアップしてご紹介!あらゆるデータを駆使して、勝ち馬をあぶりだします。

【共同通信杯 2017 データ】外枠にはいった1番人気の重賞勝ち馬は不振!

スポンサーリンク

 

【1番人気の考察】
共同通信杯(G3)過去10年の1番人気は(3・2・1・4)で連対率50%。


このうち、前走重賞を勝った馬は(2・1・0・2)。


2頭が3着以下に沈んでいますが、この2頭は外枠出走という共通点があります。


つまり、前走重賞勝ちで1番人気の馬であっても、外枠にはいった時点で過信禁物となります。

 

 

【連対馬の人気】

過去10年の連対馬の人気は17頭が5番人気以内、残る3頭は6番人気です。


5番人気以内を中心に6番人気までの決着であり、7番人気以下は3着に2頭のみというかなり上位人気馬が堅実で、波乱の少ないレースとなっています。


軸さえ決まれば、少ない点数での勝負ができそうなレースです。

 

 

【連対馬の脚質】
逃げ馬は(0・1・1・8)で1番人気の1連対のみです。


先行馬が10連対、差し馬が8連対と前に行った馬と差し馬での決着が多くを占めています。


また、6番人気で連対した3頭のうち2頭が先行馬ということから、穴で前残りに注意。

 

 

【連対馬の前走クラス別成績】
前走新馬、未勝利戦は(1・0・0・17)でリアルスティールのみ。


500万条件は勝ち馬(1・1・1・6)、2着以下は(0・0・2・22)で勝ち馬のみ。


オープン特別は3着以内(3・3・1・6)、4着以下(0・0・1・7)で3着以内が目安。


G3は5着以内(3・4・3・13)、6着以下(0・0・1・8)で5着以内は目安。


G1の朝日杯FSは3着馬が(1・1・0・0)、4着以下は(0・1・1・4)となっています。


対馬20頭のうち12頭が前走連対、19頭が前走5着以内という成績です。

 

 

【連対馬の距離経験】
対馬はすべて前走1600m以上に出走しており、前走1600mより短い距離に出走した馬は3着以内なし。


さらに連対全馬に1800m以上の経験があり、距離経験は必須の状況です。


よって、1600mまでしか経験のない馬は過信禁物となります。


東京芝1800mは紛れが少なく、実力馬に有利なコースです。


オープン以上の芝1800m~2000mで実績のある馬には注目です。